男女

バイトなら結婚式場で決まりです|やりがいのある業務

すぐにはできない

作業員

人間関係を磨く

土木工事はその仕事を受けた業者がほとんどの工事をすることは少なく、下請けや孫請けなどいろいろな業者の人たちが、協力していろいろな土木構造物を作っていきます。ですから、工事現場にはいろいろな人たちが出入りしています。これらの現場で様々な業種の人たちをまとめて作業を進めていくのが、現場監督の仕事になります。数年前の公共工事の削減で土木の現場を離れていった人も多くいて、工事現場ではこの現場監督ができる人が少なくなっているのが現状です。工事を行っている企業でも現場監督の求人を行っていますが、なかなか応募がないのが現状です。工事を行っている業者にまず最初に採用されて工事現場に出て働いて、現場監督の力を養っていきます。業者に採用されたからと言って、すぐに現場監督になれるわけではありません。そこは豊富な経験と確かな技術必要になってきます。かつての経験者ならば工事現場をまとめることができます。ですが長いブランクがあって採用されたとなると、現場でも施工の方法などが変化してきており、慣れるまでに時間がかかってきます。現場監督は技術もさることながら、人をまとめていくといった能力がある人でないと、なかなかできない職種です。土木関係の仕事が初めてという人は、採用されてからいろいろな現場を回ってみて、勉強することが非常に大切になってきます。現場で働いている中で、技術や人間関係を磨いていくことがとても重要です。