男女

バイトなら結婚式場で決まりです|やりがいのある業務

貿易関係で働きたい

男性

貿易関係の仕事のスキル

貿易関係の仕事としては、直接現地に赴いて交渉をする仕事のほか、輸出入に関する事務作業を行う貿易事務があります。貿易事務の具体的な仕事としては、輸出に関するものとしては輸出通関書類作成、通関手配、運送便の手配やL/C買取などがあります。輸入では輸入通関手配や商品の納入管理、関税納付や消費税納付などです。いずれの貿易事務でも英語が共通語となっているので、スキルとしてはビジネス英語力がある必要があります。貿易事務の仕事自体は、特別な資格は必要なく、どちらかといえば企業としてはその経験を重視する傾向にあります。特に英語や輸出入先の現地語が理解できれば有利になります。貿易事務で重視される資格としてはTOEICで600点以上あれば十分です。このほか英語の資格としてビジネス英語検定なども評価されます。また貿易相手国の言語関連の資格も評価の対象になります。一方で貿易事務の実務に有利な資格としては国家資格の通関士や、貿易実務検定などが知られます。このほかには、輸出入の管理を行うために表計算ソフトやワープロソフトなどが使いこなせるスキルも必要です。また貿易事務といっても事務だけを行えば良いというところもあれば、プレゼンテーションをしたり、受発注業務を行わなければならないケースもあり、企業によって求められる内容が変わってくるので注意が必要です。また、さまざまな関係先とコミュニケーションをとる必要があるため、コミュニケーション能力のある人でなければ仕事に負担を感じることも多くなるので注意が必要です。